2011年8月2日火曜日

非電化工房製 手煎り焙煎器「煎り上手」レビュー

以前のブログでご紹介しました「非電化工房」さんで、とうとう気になっていたコーヒーを手焙煎できるコーヒー焙煎器「煎り上手」をゲットしました。








コーヒーの自家焙煎は一度やってみたかったのですが、電気を使用する焙煎器は高価な上、扱いが難しいと聞いていたので二の足を踏んでいたのですが、この非電化工房の「煎り上手」を一目見たときに、シンプルな作りを見て「これなら出来そう!」と感じて購入しました。


届いた「煎り上手」は、手作りのアルミケースに削り出しのブナ材の取手がついた、本当にシンプルなものでした。

さっそく一緒に購入した生豆を焙煎してみました。1回で50gまで焙煎できます。
焙煎の仕方は意外と簡単。










今回自分で焙煎してみて、この「煎り上手」が実によく考えられている形だなぁと感心しました。一番よく出来ていると思ったのが、本体のこのカーブ。

カーブを描いた本体が、煎りムラを防ぐ構造になっている

豆を降ってみると中でくるくる良く回って、おかげで煎りムラが全然ありません。
そしてこの取っ手の長さが絶妙で、これ以上短いと熱で熱くなるし、長いと降るのがしんどくなるでしょう。ちょうど良い長さで、豆をシェイクしているのもそんなにしんどい作業ではありません。むしろ、豆がシャカシャカ中で回転している音を聞きながらシェイクする作業は楽しいものです。

豆が爆ぜてからの時間の加減で、浅煎りから深煎りまで自由にできます。
私は深煎りの方が好きなので、じっくり焙煎してみました。

やや深煎りになった豆

生豆と比較すると、こんなに違う
自分で焙煎してみて初めて知ったのですが、コーヒー豆は煎りたてよりも、一日時間をおいた方が良い香りがたちます。その豆でコーヒーをいれると、自家焙煎のコーヒーショップで嗅ぐようないい香りが部屋に充満します。その香りを嗅ぐだけで、「ああ〜、買って良かった〜!」と思えて、幸せな気分になります。

さてさて、最後に豆を挽くのは非電化工房製ではありませんが、昔からあるこちらの手回しミルで挽きます。やはりせっかくなので、ミルも非電化でいきたいですよね(^^)。

豆を挽くのはもちろん、昔ながらの手回しミル
とてもシンプルな作りだけれど、良い機能を備えた商品だと思います。
そして何より、日常でコーヒーをいれることがとても楽しくなる事請け合いです。

おすすめの商品ですよ〜!




0 件のコメント:

コメントを投稿